ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

フグが体内に毒を持つ理由

calendar

フグが体内に毒を持つ理由

フグに毒がある事は昔から当然のように語り継がれてきました。

しかし、 日本人はフグに魅せられて古くからフグを日本食の代表のように扱ってきたのです。

しかしフグの毒は厄介なもので、青酸カリよりも強く人間を死に至らしめるには少量でも十分だというのです。

そんなフグですが、膨れた時の姿が愛くるしいなどと女性には観賞用としても人気が高いようです。

しかし、なぜフグは毒を持っているのでしょうか。

今回は、フグが体内に毒を持つ理由とメカニズムをご紹介いたします。

毒を持つ理由は

陸上の生物にも毒を持っている生物というのは多く存在します。

中には、捕食の為に毒を持ったもの、また外敵から自分の身を守ると言った生存の為に毒を持った物とがいます。

捕食の為に毒を持つ生き物の代表格としては沖縄で有名なハブなどが存在します。

基本的に捕食する生き物が使う毒は神経毒が多いようです。

これは、相手の動きを封じてから捕食すると言った目的があるためです。

しかし、身を守る為に毒を持つ生き物の毒は言ってみれば一撃必殺なんて感じの毒が多いようです。

これは、身を守る為には中途半端な毒を持つよりも俺を食ったら死ぬぞと、言った方が身を守る効果があるからではないでしょうか。

また、陸上の生物よりも海の生物の方が大きいためか、海の生き物の方が、毒が強い事が多く、フグなどはそのいい例として、テトロドトキシンは青酸カリの800倍以上の猛毒とされています。

フグの毒はどのように作られる

フグの毒は体内や皮に含まれていますが、フグの体内では量産されていないという事をご存知でしょうか。

というのも、もともと生まれたてのフグには毒が無いという事が発見されたのです。

この発見まではフグは体組織の中で毒を作り出すと思われていましたが、実際には食性によって毒を体内に蓄積していくようです。

そのメカニズムはというと、まず海中のテトロドトキシンを生成する微生物のビブリオ菌をヒトデや貝などの底生性生物が食べて、テトロドトキシンを体内に蓄積させます。

その体内にテトロドトキシンを多く含んだヒトデや貝などの底生性生物をフグが食べる事によってフグの体内に蓄積されていきます。

その為、フグの毒は「食物連鎖によって生物濃縮」されています。

フグが毒を持つ理由

先にお話しいたしましたが、フグだけに限らず毒を持つ生物には、捕食と自己防衛を目的としていますが、フグの毒が自己防衛の為にあるのであれば、皮に毒を持つだけで良いのではないでしょうか。

しかし、フグの卵巣は猛毒として知られていることから、自己防衛以外にも理由があると言われています。

その理由とは、メスが雄を誘うフェロモンの役割を果たしているというものです。

テトロドトキシンを多く含む雌のフグの卵巣に雄のフグが引き寄せられる為、メスのフグは卵巣に多くのテトロドトキシンを蓄積しているのです。

人間が死ぬテトロドトキシンでフグは死なない

フグがテトロドトキシンで死ぬことはありません。

それは、テトロドトキシンがナトリウムイオン・チャンネルというたんぱく質と結びついて細胞と細胞の信号のやり取りを妨害するために、人間は神経がやられ、手足がしびれ、呼吸困難になり、最悪の場合死んでしまいます。

しかしフグのナトリウムイオン・チャンネルは人間の物とはタイプや形が違う為、毒が作用しない為フグはテトロドトキシンで死ぬことはありません。

その為、フグは体内にテトロドトキシンを大量に蓄積する事が可能なのです。

小さいフグほど猛毒

大きいフグは外敵から襲われる事も少なくなるからか、小さいフグの方が猛毒を持っていることが多いです。

これは厳しい食物連鎖を生き抜くための手段なのでしょうが、人間から言わせてもらうと、猛毒でも素量がそんなに多くなくても危険な事に変わりはありませんので、そんなに毒を持たなくても良いと言ってやりたいところですね。

捕食者からの防衛だけではない

先にお伝えしたように、雄のフグを呼び寄せるフェロモンの役割をしているフグの毒ですが、そもそもテトロドトキシンが体内になくても、子孫残せるでしょと思いませんか。

しかし、フグが体内にテトロドトキシンを保有するのにはもう一つ理由があるのです。

体内にテトロドトキシンが無いと、寄生虫の危険にさらされてしまうのです。

海の中には様々な寄生虫が存在していますので、このような寄生虫からの自己防衛にもテトロドトキシンは活躍しています。

また、体内から毒が無くなってくると、ストレスがたまり、仲間同士で噛み合うような行動をとる事もあるそうです。

きっと体内から自分を守るものが無くなる事で、不安になってしまうのではないでしょうか。

そんな一面を見てしまうと、フグも人間も同じだなと思ってしまいますね。

毒があるから余裕がある

毒を多く体内に含むフグですが、海の中でプカプカ浮いているのか泳いでいるのかわからない様子を見ると、愛らしくどこか余裕があるようにも見えますよね。

そんな余裕も体内のテトロドトキシンのなせるものなのかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事

No Image

No Image

No Image

No Image

No Image

No Image

folder ふぐについて

No Image

No Image

No Image

more...

folder 過去の記事

No Image

No Image

No Image

more...