ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

フグの養殖は日本だけではない?

calendar

フグと言えば、皆さんはどんなフグを思いうアベルでしょうか。

釣り好きな方であれば、クサフグやショウサイフグ、カナトフグ(シロサバフグ)を思い浮かべられるのではないでしょうか。

日本食においてフグというと、基本的にはトラフグを指す事が多く、今回もトラフグについてお話をしたいのでトラフグを思い浮かべてくださいね。

トラフグと言えば、言わずとも知れたフグ界の王様で、かなりの高級魚です。

そんなトラフグですが、基本的には漁ができるのは9月から4月頃までです。

この頃には、下関などで初競りが行われたり、フグの供養祭が開催されるなど、フグ漁の開始や終了を全国に知らせる催しが開催されます。

しかし、最近ではフグ料理を一年中食すことができる様になっており、食べたいときに食べる事ができます。

これは、養殖によるものなのですが、この養殖フグを生産しているのは国内の業者だけだと思っていませんか。

実は、養殖のフグは国内外で生産する事ができる為、国外でも養殖をされているのです。

その為、フグにも国産と輸入がある為、しっかりとした知識が必要だと言えるのです。

そこで今回は、国内の養殖フグと国外の養殖フグについてご紹介します。

国内の養殖状況

国外からの養殖フグが輸入されているという事をご説明する前に、まずは国内の養殖状況をお話しなくてはいけないでしょう。

国内でフグを養殖しているのは、有名どころで言うと栃木県の那珂川町の温泉トラフグです。

このトラフグは、海ではなく山の中での養殖をされている事から、海水の代わりに温泉水を使用して養殖をされています。

ですので、この温泉トラフグは基本的には無毒と言われています。

というのも、基本的にはフグは食物連鎖の過程で体内に毒を蓄積していくのですが、実は体内に生息する寄生虫などにも有効で、フグの体を守ってくれるものでもあるのです。

しかし、海からは遠く離れた山の中で養殖をされている事から、寄生虫の被害も毒を持つ貝類の侵入もない為完全に無毒のフグとして生産をされているのです。

このほかに、佐賀県のふぐも無毒として有名なのですが、佐賀県の無毒フグは、肝(肝臓)まで食べる事ができるとして、キャッチフレーズを付けたかったのですが、国会において養殖フグであっても肝を食す事は危険という事から、却下されたという経緯を持て要る養殖のトラフグです。

実はこのトラフグを、使い町興しをするため開発したもので、現在は、肝は食せませんが、無毒なフグとして売り出しているのです。

その他にも、海上での養殖という物が多いようです。

そんなトラフグの養殖は海上で行うと漁業権が必要なのと、貝類の侵入などの壁はありますが、国内でも順調に増えているのが現状の様です。

養殖のトラフグを作っているのは河豚の母国

フグの事を感じで河豚と書きますが、これは中国の河に住んでいるフグから来ています。

そんな河豚を食べる習慣が中国にもあったのですが、やはり毒がある魚なため、中国政府がフグを食べる事を禁止しており、養殖する事は可としていました。

その為、中国ではフグの養殖が盛んにされており、これまで輸出や闇市場での提供により事業を維持していたのです。

今後は中国国内でも条件付きで、フグを食べられるという事に2016年からなりましたので、中国からの養殖フグの輸出は減るのかもしれません。

しかし、今まで中国の輸出マーケットは日本であり、今後また中国国内でフグが食せない状況になると日本への輸出の強化が始まる可能性も多いようです。

何かと食品の偽装問題が浮上している中国産の養殖フグが、店頭に並んでいるという恐怖があるという方がいらっしゃるかもしれませんが、さすがに養殖という分野において、人体に害のあるものを与えるとフグが死んでしまう為、売り物になりませんから、大丈夫ではないかと思います。

しかし、それでも心配だという方は、しっかりとどこで養殖をされたフグなのか、若しくはどこで水揚げをされたフグなのかを確認して、購入すると良いでしょう。

養殖フグは美味しい?

おそらく、天然物ばかりを食べている人の話を聞いていると、養殖物は身が柔らかくて歯ごたえが無いから美味しくないという話を聞いた事があるかと思います。

しかし、養殖フグなのか天然フグなのかは、それ単体で食べても良くわからない事が多く、基本的には、養殖フグはと言っている人は、お店からの養殖という情報ありきで話している事が多いと思います。

というのも、養殖のフグにもしっかりと歯ごたえはありますし、基本的にフグには味があまりありませんから、食べても「美味い」とは思っても、よく考えたら味はポン酢の味なんですよ。

ですから、不味いと思う事はまずありえないと思うのです。

確かに天然のフグはやや白っぽい感じはありますが、基本的には違いははっきりしませんので、「これは養殖のフグだ」と断言できる方は少ないのです。

この様に、国内外で多く養殖されているフグですが、天然物と変わらないくらいの美味しさがありますので、一度食してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

No Image

No Image

No Image

No Image

No Image

No Image

folder ふぐについて

No Image

No Image

No Image

more...

folder 過去の記事

No Image

No Image

No Image

more...