ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

季節によって毒の量が変わるのか

calendar

フグと言えばテトロドトキシンを体内に含んでいる事で、素人調理で食すのは非常に危険だという事で知られています。

これはフグの種類に限らず、毒の強さという物は変わらないため、正直なところどのようなフグに関しても素人調理は書く県の条例などによって規制されています。

中には、毒の無いフグもいますので、これに当てはまらないという方もいらっしゃるでしょうが、基本的に毒の無いフグであっても、毒のあるフグとの見分けが難しいため、素人判断は危険だと言えるのです。

そんなフグですが、季節によって毒の強さが違うという話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

季節によって毒が違うってどういう事?と思われる方も当然いらっしゃいますよね。

というのも、陸上の毒をもつ生き物は、季節によって毒の強さが違うなんて事はありませんから、にわかに信じがたい話だと言えるでしょう。

しかし、この毒の量が違うというのはしっかりとした研究の下で証明もされているようなので、今回はこの季節によって違うフグの毒についてご紹介します。

フグは生きながらに毒を持っていない?

強力なテトロドトキシンですが、テトロドトキシンの由来は、フグの持つ毒という意味ですから、直訳してもフグ毒となるのですが、フグは生まれながらにはテトロドトキシンを体内に持ってはいないようなのです。

というのも、日本で最近は盛んになってきている養殖フグですが、このフグには毒がない物があるようなのです。

どういうことかというと、フグは生まれながらには毒を持っておらず、捕食によって毒を体内に蓄積していくのです。

というのも、フグの毒が蓄積されるのは、貝やヒトデなどをはじめとする毒を持つ生物や微生物を捕食する事によって徐々に蓄積されていくのです。

という事は、フグも体外からテトロドトキシンを摂取するという事ですから、フグもテトロドトキシンによって死んでしまうのではないかと思ってしまいがちですが、フグは、テトロドトキシンに対して耐性がある為、テトロドトキシンによって死んでしまう事はありません。

むしろ体内に蓄積されたテトロドトキシンは、フグの体内に住む寄生虫などを撃退するなどの効果があり、フグが生きていくためには欠かせない物だと言えるようです。

毒の強さが変わるのはなぜ

フグが体内にテトロドトキシンを有する経緯や理由という物はご理解いただけたでしょうか。

ここからは、季節によって毒の強さが変わる事についてお話していきます。

季節によってフグの毒が変わるという事は、意外と古くから言われていました。

というのも皆さんは「菜種フグ」という言葉をご存知でしょうか。

この「菜種フグ」という言葉は、俳句の季語にもなっているのですが、フグの種類の中に「菜種フグ」という物はありません。

これはどのような事かというと、菜種の花が咲くころのフグという意味らしく、歳時記にも出てくるほどです。

昔からフグの毒であるテトロドトキシンは秋口には弱くなり、春先には強くなると言われているほどなのですが、昭和51年の谷巌博士の研究により、科学的にも立証されたのです。

この事からも春先の4月ごろのフグは危険だと言われているのです。

これは基本的に貝毒など毒を持っている生物が、毒を強くすることが原因だとされていますが、春先には多くのフグが産卵期を迎えますので、有毒部分である卵巣が肥大化するなどの事からも毒が増えると言われているのです。

そんなフグには、精巣や身、皮を食べることができる種類と、食べることができない種類がいますので、注意が必要だとはいえるかもしれませんね。

フグの毒が強くても問題ない?

春先のフグは確かに毒が増えてしまい、危険だという事はお分かりいただけたようですが、基本的に毒を含んでいる部分というのは変わりませんよね。

基本的に内蔵や血ですから、それらを綺麗に除去する事で、安全に食す事は可能なのです。

そう考えると、別に毒が増えようと減ろうとフグを安全に食す事はできると言えるのです。

ですが、安全にフグを食べる事ができるのは、しっかりと処理をされている場合のみですので、しっかりと調理資格を持っている方が調理した場合のみ食す様にしましょう。

このように確かにフグの毒というのは、季節によって間違いなく強さが変わるようです。

しかし、その毒が含まれている部分というのは決まっている為、しっかりと処理をすることで安全に食べることができると言えるのです。

ですから古くから言われている菜種フグに関して危険だというのは、まだまだしっかりとふぐの調理法が確立されていなかった時代の話ですので、現代のしっかりとフグの調理法が確立されている状況であれば、問題はないと言えるでしょう。

しかしもしも自分で調理をしようとするような方がいるならば、通常よりも入念な処理が必要なはずですので危険極まりない行為だと言えるのです。

そのため、絶対に素人調理で食べない様にしましょうね。

この記事をシェアする

関連記事

No Image

No Image

No Image

No Image

No Image

No Image

folder ふぐについて

No Image

No Image

No Image

more...

folder 過去の記事

No Image

No Image

No Image

more...