ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

フグを捌く為に必要なのは免許と技術?

calendar

皆さんは、フグは好きですか?

フグと聞くとなんだか愛くるしい、ペットとしてのフグを連想してしまう人も多いかもしれませんね。

しかし日本では本来フグは食用として扱われており、ペットとしての需要が増えたのは最近になっての事です。

そんなフグの中でもトラフグは王様と言われるフグであり、サイズも大きく金額も結構いい値段がします。

また産卵期前で肥大した白子はフグ本体よりも高値で取引されるほどの、高級食材です。

そんなフグを捌く為に必要な免許が必要なのですが、本当に免許だけで良いのでしょうか。

免許があればだれでも捌けるのであれば、車の免許のようにペーパー調理師みたいな人が捌いたフグも安全に食べる事ができるでしょうか?

今回はそんなフグを捌く際に必要な「フグ調理師免許」と同時に必要な物についてお話します。

フグ調理師免許の取得には2年間の期間が最低必要

フグを捌くうえで絶対に必要なフグ調理師免許を取得するのは、どのような人でも取れるという物ではありません。

免許と言うと何となく車の免許のように、講習を受け試験に合格できれば直ぐに取得できると勘違いしてしまう人も少なくありませんが、フグ調理師免許の取得には最低2年間の実務経験が必要です。

また2年の実務経験がある人が資格を取るための資格を得る事ができるというだけで、基本的に資格を取るためには資格試験に合格する必要があります。

この試験の内容は都道府県によって違いますので、講習を受けるだけの場合もあり筆記試験と実技試験がある場合もあります。

実技試験においては皮引きが一番難しい項目になっており、毒のある部分を処理できるだけではフグ調理師免許を取得する事は出来ないと言えるでしょう。

またフグ調理師免許は国家試験ではないため、資格を取得した都道府県でのみ使用できますので、他の都道府県でフグを捌く際にはその都道府県で新たにフグ調理師免許を再度取得する必要があります。

中にはフグ調理師免許が設定されていない都道府県もありますので、県によっては一切フグを捌くことができなくなってしまう場所もあるようです。

勿論2年間の実務経験があっても一発でフグ調理師免許を取得できない人も居ますので、そんなに取得するのが簡単な免許ではないと言えるでしょう。

そんなすごい免許を取得した人ならどんな人が捌いたフグでも安全だと思う人も多いかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか。

フグ調理師免許を盛った人が捌いたフグなら完全に大丈夫?

フグ調理師免許がものすごく重要で簡単には取得できない資格であるとお話ししたのですが、フグ調理師免許を持っている人が捌いたフグなら100%安心して食べる事ができるでしょうか?

そんな事は無いでしょう。

確かに現役でフグを毎日もしくは定期的に捌いている人が捌いたフグであれば、安心して食べる事は可能だと言えます。

しかしフグ調理師免許を取得して現場から3年離れ、その間数回しかフグを捌いた事が無いのであれば技術はさび付いているはずですので、素人に知識があるだけだと思っても良いでしょう。

更新は無いの?と思う人も多いでしょうが、基本的に更新についての記述はありませんので、数年に一度更新が必要だという事も基本的に内容です。

だからこそ、フグの調理師免許を持っているだけの人が捌いたフグは危険だと言えるのです。

実は私もカッコに一度知り合いの板さんにフグ調理師免許を保有している方がいたので、捌いて欲しいと依頼をしたことがあります。

しかし数年間取り扱っていないから今回は見合わせてほしいと言われました。

勿論他の魚は捌いてもらう事もあるので面倒くさいとかではないと思うのですが、単純に何かあってからでは責任が取れないという事でした。

このように本職の方であっても、しばらく捌いていないとちょっと怖いという判断をするほどなのですから、フグ調理師免許を持っており他の仕事に転職をしたという人の捌いたフグはより危険だと言えるでしょう。

というのもそのような人が引き受ける場合必ずどこかに奢りがあります。

そうすると失敗をしても気づかない事が多く、そのせいで危険な目に合うなんてこともありますので、現場をしばらく離れているフグ調理師免許を持っているひとが捌いたフグも素人が捌いたフグ同様に危険だと言えるのです。

手軽にフグを食べたいなら

手軽に自宅でフグを食べたいという人は、身欠きフグを取り寄せてみてはいかがでしょうか。

身欠きフグであれば毒は処理してありますので、問題なく食べる事ができますので安心して食べる事も可能です。

取り寄せと言うと少し面倒くさいなと思う人も居るでしょうが、スマートフォンで簡単に注文する事ができますので、休憩時間や帰宅してゆっくりしているときにでも頼んでみてはいかがでしょうか。

取り寄せの注意点は到着まで数日かかるという点ですので、必要になる場合に亜h少し余裕をもって注文をすると良いでしょう。

folder ふぐについて

フグを釣り上げたら
フグを食べる際に気を付ける事とは?
フグを捌く為に必要なのは免許と技術?
more...

folder みちなかニュース

No Image

No Image

No Image

more...

folder 過去の記事

No Image

No Image

No Image

more...