ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

フグを食べる際に気を付ける事とは?

calendar

フグ料理と言えば日本では多くの人が、高級そうなイメージがある方も多いのではないでしょうか。

確かにフグも王様とされているトラフグであれば、かなりの金額になってしまうようですが、それ以外のフグであればスーパーなどでも販売されている事が多く、比較的安価で購入する事ができます。

確かにフグ刺しとして食べる事がきるわけではありませんが、からあげやてんぷら、鍋物にして食べる事は可能です。

しかし他の魚同様に簡単に手に入るフグですが、勿論フグを食べる際には注意する必要があります。

またフグは釣り人にとっても身近な魚ですから中には、フグを自分で捌いて食べて居る人も少なくはありません。

フグには毒がありますので自分で捌いて食べるのは自己責任と言った感じになっていますが、無免許で捌いたフグを提供すると逮捕されてしまう事もあるほどに危険な物です。

今回はそんなフグを食べる際に注意するべき事をご紹介します。

妊娠中の養殖フグに注意

妊娠中は水銀の関係で食べる事が制限されている魚は多いですが、基本的にフグは規制されていないため、食べても大丈夫だとされています。

しかし妊娠中に食べるフグは天然ものにしておくことをオススメします。

天然もののフグをオススメする理由は安心の天然ものだからなのですが、天然ものがどのように安全なのかという事を知るためにはまず養殖フグの危険性について知る必要があるでしょう。

養殖フグは天然ものに比べて、価格が安いため広く出回っています。

また夏場のトラフグの禁漁期間にも出荷をされていますので、天然のフグに比べると多くの個体が必要になります。

多くの個体の出荷が必要という事は、それなりに多くのフグを急速に成長させる必要があるという事なのです。

という事は急激に成長させるために何か裏技を使っているかもしくは、それなりに多くの稚魚を育てているかのどちらかになるのです。

養殖の場合どちらの業者も存在していますが、発育を促している業者のフグが問題なのです。

というのもフグの発育を促すにあたって使われているのが、抗生物質なのです。

なぜ抗生物質を与えている事が問題なのかと言うと、皆さんは残留抗生物質と言う言葉を耳にしたことがありませんか?

残留抗生物質と言うのは、フグが食べた抗生物質が分解されない状態でフグに残ってしまっている物なのですが、妊娠中にこの残留抗生物質のあるフグを食べてしまうと胎児に影響が出る可能性があります。

更にどのフグが抗生物質を与えられたフグなのかという事がわかりませんので、天然もののフグは全てにおいて避ける事が好ましいと言えるでしょう。

残留抗生物質が残っているフグの多くは中国などからの養殖が多いと言われていますが、日本にも勿論抗生物質を与えている業者が0ではないため国産の養殖フグも妊娠中は避けるようにしましょう。

フグの白子の食べすぎに注意

冬の寒い時期にフグの白子を楽しみにしている人は非常に多いですよね。

しかしフグの白子の食べすぎには注意が必要だと言えるでしょう。

なぜあんなに美味しいフグの白子に注意が必要なのかと思ってしまいますが、フグの白子に限らず白子は生命の源を作り出す組織であるため、物凄く栄養価の高い食材です。

栄養価が高い食材なのですが、さらにプリン体も多く含まれているため、食べすぎると通風になってしまうリスクが高くなってしまいます。

そのため今日は白子の塩ゆで、今日は白焼き、今日は鍋に入れてみようという風に旬の味を毎日楽しんでしまうと通風になってしまい、お正月は歩く事すらままならないなんてことにもなってしまいますので、その様な事になりたくないという人は注意をして適度に楽しむようにしてくださいね。

寄生虫に注意

フグは釣り人にとって非常に身近な魚です。

しかし多くの釣り人はフグの危険性をしっかりと理解していますので、フグを持ち帰って食べるなんてことをしません。

しかし中にはフグの寄生虫であるウミチョウをタイやアジに寄生するウオノエと間違えて食べてしまうなんて人も居るかもしれません。

実際にウオノエは唐揚げで食べる事ができますし、味はカニやエビなどの甲殻類のような味がします。

しかしウミチョウにおいてはフグの体液を餌にしていますので、ウミチョウの体内もフグの毒であるテトロドトキシンで充満しています。

個人的にはフグよりもウミチョウの方が、毒が強いのではないか?と思っているのですが、そんな危険な寄生虫を誤って食べてしまうと本当に大変な事になってしまいます。

勿論寄生虫だけ持ち帰って食べる人はそんなに多くはいないとは思いますが、勿論フグ単体を持ち帰った場合にも、しっかりとした処理の方法を知らないとウミチョウが付いたフグの唐揚げを口にしてしまうかもしれませんよね。

そうなってしまうと、確実に食中毒症状が出てしまいますので、可なり危険です。

フグはできるだけ美味しく安心して食べたいですよね。

ですからフグを食べる際には食べすぎない、素人が調理しないというのが大切です。

皆さんも美味しいフグを安心して食べてくださいね。

folder ふぐについて

フグを釣り上げたら
フグを食べる際に気を付ける事とは?
フグを捌く為に必要なのは免許と技術?
more...

folder みちなかニュース

No Image

No Image

No Image

more...

folder 過去の記事

No Image

No Image

No Image

more...