ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

フグを釣り上げたら

calendar

釣りをしているとフグが良く餌をとりに来て釣れるって音が多くあります。

特にクサフグなどはエビを付けるとガンガン釣れますし、カニなどを付けて投入するとトラフグが釣れる事もあり、非常に小型のフグから大型のものまで釣れます。

ですが正直フグは持ち帰っても食べる事ができませんので、リリースするという方が多いのではないでしょうか。

中にはフグはリリースしたらまた同じ個体が釣れるなんて言う事を言う人も居ますので、釣れたフグを海に返さずに防波堤などに放置している心無い釣り人も居たりします。

ですが正直に釣れる場合には良い方です。

というのも、フグが掛かった場合大きいフグならば折角の仕掛けが噛み切られてしまう事も多く、そのたびにイライラする釣り人も多いようです。

そんなフグですがハリから外すだけでも非常に注意しなければ危険だと知っている人がどれほどいるでしょうか?

今回はフグを釣った場合にどのように対処すべきなのかという事をお話しします。

フグの武器はテトロドトキシンだけではない

フグの危険な部分は?と聞くと多くの人が「毒」と答えます。

しかしフグの毒であるテトロドトキシンは食べなければ何の問題もなく、武器と言うよりは鎧に近い存在の様な気がします。

ではフグの危険な部分はどこなのでしょうか。

冒頭でフグが掛かると最悪仕掛けが切れてしまうとお話ししましたが、通常仕掛けに使用している糸はそんなに柔い物ではない場合も多く、人間ではかみ切る事に非常に苦労するレベルの物です。

そんな固い糸を簡単にかみ切ってしまうフグの危険な部分とは、鋭い歯なのです。

フグの歯はアルミの缶くらいなら紙のように噛み切ります。

しかもその切り口は刃物で切ったのか?というほど綺麗にスパッと切れています。

基本的にフグは、貝もカニもエビもそのままかみ砕きます。

人間の歯で噛み砕けない物をあの小さなフグがかみ砕くのですから、その強靭さは想像していただけることでしょう。

そんな強靭な歯を持ったフグが釣れるときは、基本的に口に針が掛かっています。

この口にかかっている針を外す時に素手で行っている人がいるのですが、とても危険であり絶対にやってはいけないと言えるでしょう。

もしも口に指が入る程度のトラフグであれば人間の指なんてソーセージのように食いちぎられてしまう事でしょう。

ではどのように針を外すと良いでしょうか。

フグの口から針を外す時には針外しを使おう

釣り道具はフグのように歯が危険な魚の口元から針を安全に外すことができるように、針外しと言うものが販売されています。

この針外しを利用して外すと、口元に指を持っていく必要がありませんから、安全に針を外すことができます。

フグを釣ったらせめて海にリリースしよう

冒頭でフグが釣れた際に心無い釣り人がいるという話をしたのを覚えている人はいるでしょうか?

フグはエラ呼吸によって生きていますので、長時間陸地にいるとどうしても息ができないために死んでしまいます。

確かに普通の魚よりも生命力が強いため、長く生きている魚ではありますが、人間でも絶対に活きができない場所に放置されてしまうと、どんなに息をしなくても良い人でも絶対に死んでしまうでしょう。

それと同じで、生命力の強い魚ですから少々針を外すのに手間取って弱ったとしても海へ返すと元気になりますので、リリースをするようにしましょう。

陸に放置は絶対にしないようにしましょう。

釣り人にとっては邪魔な存在のフグですが、漁師さんにとっては大切な収入源でもありますし、そうでなくても同じ命なのです。

また、下関などではトラフグは放流を行っているためトラフグの稚魚などが釣れた場合には絶対にリリースするようにしましょう。

柿木リアル海の資源であるフグですから、釣り人の勝手で殺してしまうという事があっては絶対にいけません。

針を外す時にはタオルを使う?

基本的に魚に取って人間の体温は高温すぎるため、直接触ってしまうと魚がやけどをしてしまいます。

しかし海の中には病院はありませんので、その魚は弱ってしまい結果死んでしまいます。

そうなってしまっては何のためにリリースするのかわかりませんので、タオルなどを使ってフグを握るようにしましょう。

そうする事でしっかりと掴む事も出来ますし、フグにやけどを負わせる事もありません。

もしもタオルが無い場合には、海水で手の温度を下げるなど行って触るようにすると良いでしょう。

今回はフグが釣れた際の対処法についてお話しました。

フグは、昔は沢山いた魚であり、本当にフグ漁は盛んにおこなわれていました。

しかし全盛期の乱管区が原因で現在は数が減っています。

そのため放流を行っている県も多く、みんなでフグを守っているのです。

クサフグなども同じで、絶滅してしまっては生態系がくるってしまうため海の環境を守るうえでは大切な魚なのです。

ですから釣り人一人一人が海の資源を守る意識を持ち、フグもしっかりとリリースを居てくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

No Image

No Image

No Image

フグの危険度は個体差による?

No Image

No Image

folder ふぐについて

フグを釣り上げたら
フグを食べる際に気を付ける事とは?
フグを捌く為に必要なのは免許と技術?
more...

folder みちなかニュース

No Image

No Image

No Image

more...

folder 過去の記事

No Image

No Image

No Image

more...