ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

食べられるフグの種類

calendar

食べられるフグの種類

フグと聞くと全てのフグが肝や血液に気を付けると食べられると食べる事ができると思っていませんか?そう全てのフグが食べられるわけではないので気を付けてくださいね。

とは言っても、ほとんどの方がフグを食べる時は専門の知識がある人が調理を基本的にしてくれますので食べられないフグを食べる事は無いと思います。

そこで、今回は食べられるフグの種類と食べも大丈夫な部位をご紹介します。

フグは全33種類

フグと一言で言ってもその種類は豊富で33種類のフグが日本近海の海で生息しています。

その中でも食用に適しているとされているのは22種類さらにこの中でも特定の地域などの水揚げなら可となっているのが3種類なので、日本の近海で漁獲され尚且つどの県で水揚げされても食用として食べる事の出来るフグは19種類なのです。

この種類を知っておかなければ、万が一自分で捌こうものならば間違った種類を口にしてしまう危険性がありますので今回は19種類+3種類の名称と食べられる部位を説明しながらご紹介していきます。

筋肉(身)が食用とされるフグ

基本的に食用として提供されているフグ全てが筋肉(身)の部分を食すことが可能です。

種類としては、「トラフグ、カラスフグ、マフグ、シマフグ、ヒガンフグ、ショウサイフグ、クサフグ、ゴマフグ、コモンフグ、アカメフグ、サンサイフグ、シロサバフグ、クロサバフグ、カナフグ、ヨリトフグ、メフグ、ハコフグ、ネズミフグ、ヒトヅラフグ、ハリセンボン、イシガキフグ、ナシフグ」の22種類です。

しかしこの中の3種については漁獲場所が決まっておりその場所で漁獲された個体に限り食用可となっています。

漁獲場所によって食用可となるフグ

漁獲場所により食用可となるフグが居ますと先ほどお伝えしましたが、次の3種類となります。

「コモンフグ、ヒガンフグ、ナシフグ」の3種類です。

コモンフグとヒガンフグは岩手県越喜来湾及び釜石湾、宮城県雄勝湾で漁獲された個体以外のフグが食用とすることができます。

ナシフグは、有明海、橘湾、香川県、岡山県の瀬戸内海域漁獲された個体に限り食用として食べる事ができるようになっています。

これはフグの生息している海域に生息している貝類などのフグの餌となる生き物の違いによるものと言われていますので、温暖化などで他海域の生物が入ってしまうと食用として適さなくなってくる恐れがありますよね。

皮を食用とされるフグ

筋肉(身)が食用だからと言って全てのフグの皮が食用にできるわけではありません、皮に毒を持っているフグはより多く居ますので、食べる事の出来る種類はグッと少なくなります。

皮を食べる事の出来るフグは「トラフグ、カラスフグ、シマフグ、カナフグ、シロサバフグ、クロサバフグ、ヨリトフグ、イシガキフグ、ハリセンボン、ヒヅラフグ、ネヅミフグ」の11種類です。

この種類には漁獲場所で食せないフグはありませんので大丈夫ですがこの種類以外のフグの皮には毒がありますので絶対に食べないように気を付けましょう。

精巣を食べる事ができるフグ

意外と毒があるイメージな精巣ですが皮よりも食べる事ができる種類は多いんですよ知っていましたか。

精巣を食べる事ができるフグは「ショウサイフグ、マフグ、メフグ、アカメフグ、トラフグ、カラスフグ、シマフグ、ゴマフグ、カナフグ、シロサバフグ、コロサバフグ、ヨリトフグ、イシガキフグ、ハリセンボン、ヒトヅラフグ、ネズミフグ、ハコフグ、ナシフグ」の18種類です。

この中にも漁獲場所で食用可となるナシフグが入っていますが、清掃の場合はより漁獲域が絞られてしまします。

精巣を食べる事ができるナシフグは、有明海と橘湾で漁獲され尚且つ長崎県が定める要領に基づいて処理がされたもの精巣に限って食用が許可されているようです。

しかし、これも今後温暖化で生息域に他域の生き物が侵入してくることで食べる事ができなくなってしまうかもしれません。

まとめ

・食べる事のできるフグは全22種類

・皮を食べる事ができるフグは11種類

・精巣を食べる事ができるフグは18種類

いかがでしたでしょうか、今回は食べる事ができるフグの種類についてご紹介いたしました。

意外と知らない方もいらっしゃったのではないでしょうか?フグも種類と下処理次第では安心して食べる事ができるみたいです。

しかし、残念なことに年間に数人自分で捌いたフグを食べてフグの毒にあたる方がいらっしゃいます。

中には食べる事の出来ないフグを食べてしまう方や食べる事の出来ない部分を食べてしまいフグの毒にあたる人もいらっしゃいますでしょうし、下処理の不十分さによりフグ毒にあたる人もいらっしゃるかと思います。

中には猛毒のフグと食べる事のできるフグの見分けのつかないものや、卵巣も精巣も持っているフグが存在しますので素人調理は絶対にしないようにしましょう。

確かにフグは高価なイメージがありますが命には代える事は出来ないはずです、本当に素人調理は危険ですので専門の知識がある方の捌いたフグを食べていただきたいものです。

folder ふぐについて

No Image

No Image

No Image

more...

folder 過去の記事

No Image

No Image

No Image

more...