ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

大阪のフグ規制条例が改正?

calendar

皆さんは、フグ規制条例という物をご存知でしょうか。

フグ規制条例は、消費者が安全にフグを食すことができる様に定められているフグを処理する上での、注意事項を県単位で定めている条例の事です。

このフグ規制条例は、日本中の各県で制定されているのですが、制定されていない地域も存在しているのも事実です。

フグ規制条例には、フグの捌き方や、内臓の処理方法、内臓の保管方法から処分方法などが記載されているのです。

そんなフグ規制条約が今回大阪で変更されたらしく、どのように変更されたのかを、今回ご紹介されたのかご紹介します

今回の変更点は大きく分けて2

今回変更されるのは大きく分けて2つの項目の様です。

また、変更される日付もH291113日からと、H3041日からと、変更の項目によって変更される日付が違う様です。

また、今回変更される背景として、フグ処理場の設備が変わってきている事などが背景としてあるようです。

フグ処理場の基準の緩和等

フグ処理場と言うのは、フグを処理するための大切な施設であるとともに、フグの下処理を行う場所でしたので、それなりに規制も強い物でした。

その中には、工場の規模や機能、専用処理台や器具様のシンクなどの機材的な制限に加えて、手洗い設備などの規制がありました。

しかし、今回の規制変更で、これらの項目が丸々削除される事になったようです。

しかし、最低限の食品衛生法に基づく許可の基準を満たすために、十分な規模、機能、シンク、手洗い設備は引き続き備える必要があるようです。

その為、事実上なくなったのは、専用の処理台の様です。

これには、処理設備の進化により専用の処理台が不要になったという様な理由があるようです。

更に今回の変更で、可能になったのが、今までフグを処理しない業者であった業者からのフグを処理する業者への変更が可能になったのです。

しかし、この承認制度はH30年に変更となる部分で廃止になるようです。

ですので、H30年までの移行期間に対しても受けられる制度と言っても良いでしょう。

と言うのも、実はH30年から新たに脳などの処理をする業者も処理業者としての許可手続きが必要になる事が、変更承認がされている理由だからです。

ですから、41日前に承認申請をする業者が居る事を想定しているのだと思うのです。

H3041日からの変更点

H30年の4月より、今まで必要だったフグの保有や加工、調理に関する県の許可が不要になるようです。

ですので、今まで有毒部分を処理していた業者に関しては何の変更点も無くそのまま許可業者となるようです。

しかし、今まで処理とされていなかった脳や眼球に関しては、今後許可が必要になるようです。

その他に、営業者が尊守する乞う項目が変わるようです。

例えば、今まで有毒部分の残ったフグの販売を無許可の営業者や処理をしていない許可営業者の販売を中止していたのですが、これが廃止となります。

と言ってもしっかりと食品衛生法で帰省がされている為、今後も引き続き禁止される事には変わりはありません。

また今まで処理をしないとしていた業者が、有毒部分を除去していないフグを保有する事を禁止していましたが、それが廃止になりました。

今回の条例変更で、規制が緩和されるのが、フグ処理施設の基準です。

今までは、営業許可の施設基準と言うのが有毒部位専用の保管容器を備えたフグ処理場を備えている事となっていましたが、今後は、フグ処理施設が有毒部位専用容器を備えていれば良いという様な環境になるようです。

結果的には、専用容器が必要だからと言う事でしょう。

変更によりより一層処理の方法等は強化されていく

今回の条例編子により、削除された項目や緩和されている項目などを見ていると、今後のフグの取り扱いが大丈夫なのかなと思われる方も少なくは無いでしょう。

しかし、今回の変更は、処理業者を更に厳しく管理するためにとられる物の様です。

更に、今まで食品衛生法と同様の無いようになっている部分があったために、その部分との精査を行った事で、食品衛生法に記載されている部分を削除するなどした様な感じです。

ですので、今後のフグ食はより一層安全になっていくと言えるのです。

もしも心配であれば、登録者が尊守する事項を見ると安心できることでしょう。

と言うのも、今後は処理を的確にすることが新設されたり、有毒部分の容器の投入や的確な処分、保管と言う項目が、有毒部分の容器への即投入や容器の施錠に代わるなど、登録がされていない業者への指示が新設されるなどされていますので、今後本当に安心して食すことがより一層できる様になったと言えるのです。

この様に、大阪では今回条例が変更されています。

今回ご紹介できていない物もあるのですが、全ては消費者に安全なフグを提供するために制定sレ手居るのです。

大阪が変わったので、今後他の県に関しても変更はされていくのではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

No Image

No Image

No Image

No Image

No Image

No Image

folder ふぐについて

No Image

No Image

No Image

more...

folder 過去の記事

No Image

No Image

No Image

more...