ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

コチとフグはどちらが旨い?

calendar

reload

白身魚で淡泊な魚というと、フグを思い浮かべる人が多いかと思います。

しかしその他にも実は白身魚というのは多く、中でもコチはフグによく似た味や歯ごたえだと言われているようです。

しかしコチとフグとでは魚としての高級感が違いますから、コチがフグの代用となってしまうと、フグ業界はピンチになってしまう事でしょう。

コチとフグを食べた事がある人であればその違いは判ると思いますが、まだコチだけしか食べたことが無い人の場合、フグに似ている味だよというとフグの味ってこんな感じなんだと思ってしまう事でしょう。

しかし実際にはやはり違いがありますし、コチはコチでしかないと言えるでしょう。

そこで今回はフグとコチではどちらが美味しいのかという事をご紹介します。

美味しいのはフグ

コチとフグどちらが美味しいの?

という話にまず結論を出すのであれば、フグの方が断然美味しいと言えるでしょう。

コチが美味しくないというわけではありませんが、個人的な見解をお話しするとフグの方が歯ごたえも良く、生臭さも少なかったです。

よくコチの事を夏のフグと言う人がいますが、確かに身の白さを見るときれいな白身魚ですので、フグのように感じますし、薄く引いた身はまさにフグです。

しかし身の締まりがフグとは全く違うため、食べた瞬間に違う魚だという事がわかるほどではないでしょうか。

勿論フグと同じようにポン酢と薬味で食べると美味しいですが、フグとは何か違うなぁと感じるかと思います。

これはコチが全く身の締まりがないという意味ではなく、身はしまっているのですが、フグほどの締まりがないというだけなのです。

ではなぜコチとフグとでは締まりが違うのでしょうか。

フグとコチの締まりが違う理由は?

フグの方が身に締まりがあるとお話ししましたが、なぜ夏のフグと呼ばれるコチとフグでは身の締まりが違うのでしょうか。

それは天然物のフグと養殖フグの歯ごたえの違いとほぼほぼ同じ理由です。

その理由とは、荒波にもまれていないという事なのです。

どういう事かと言うと、フグは下関で放流された個体がオホーツク海周辺の海で見つかるなんてことが多田あります。

しかしコチは言ってみれば底物の魚ですので、フグのように長距離を泳ぐ事はありませんし、どちらかと言うと砂地にいますので、波の荒い外海というよりは内湾の砂地にいる事が多いようです。

泳がないコチと長距離を泳ぐフグ都では、筋肉の質が違うため歯ごたえに違いが出ると言えるでしょう。

ですのでコチの歯ごたえは青物と比べても歯ごたえはやや悪く感じるという人も少なくはないと思います。

夏も食べられるようになっているフグ

今まではフグの養殖があまり盛んにおこなわれていなかったので、夏場はなかなかトラフグを食べる事が出来なかったため、夏場に旬を迎えるコチを夏のフグと呼んで食べて居たようです。

しかし昨今トラフグの養殖が盛んにおこなわれていますので、夏の時期であっても養殖のフグは食べる事が可能です。

そもそもなぜ夏のフグは食べられなかったのかというと、産卵後なのでフグと言う資源を確保するために禁漁期間が設けられていたからです。

しかし前述したように養殖物が豊富にありますので、これからは夏のフグと言いコチを食べなくとも夏の養殖フグを食べると良いようです。

養殖フグであってもコチよりもしっかりと歯ごたえがあり、身も締まっていますので美味しく食べる事ができますし、天然ものよりも安価ですのでオススメです。

毒が怖い人へ

フグと言うと、猛毒のテトロドトキシンを持っているという事でも有名ですので、フグを食べる事に少々抵抗があるという人も少なくはないですよね。

そんな人の中には危険なフグよりもフグに似ている美味しい魚を食べるという人も少なくはないでしょう。

しかしフグとコチは前述したように全く違う食感なので、せっかくならばフグを食べてみてはいかがでしょうか。

フグを捌くには、フグ調理師免許が必要ですのでしっかりと知識を持った人が調理をすることになります。

その様な人たちが調理をしたフグはしっかりと除毒をしてありますので何も心配する必要はありません。

中には自分で調理をしている素人もいますので、友人宅でフグが出てきた場合には少々注意が必要です。

しかし最近では調理師免許を持っている人が捌いたフグを食べる事ができますので、変に疑う必要はないでしょう。

自宅でフグが食べられるの?と驚いた人も少なくはないですよね。

最近はフグのお取り寄せサービスが行われていますので、市場やお店に行かなくてもスマートフォンやパソコンから注文をして自宅に届けてもらう事が可能です。

冷凍物ですので食べる前に食べる分だけ解凍して使う事ができますので、余った分は冷凍しておくことも可能です。

解凍をする際には常温で行うとフグの細胞が壊れてしまいますので、冷蔵庫でゆっくり時間をかけて解凍すると美味しく食べる事ができるようです。

簡単にフグは食べられるようになっていますので是非フグを食べてみてはいかがでしょうか。

folder ふぐについて

フグを釣り上げたら
フグを食べる際に気を付ける事とは?
フグを捌く為に必要なのは免許と技術?
more...

folder みちなかニュース

No Image

No Image

No Image

more...

folder 過去の記事

No Image

No Image

No Image

more...