ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

フグの危険度は個体差による?

calendar

フグを自分で捌いて食べたけれど、なんともなかった。

そんな話を耳にした事がある人も多いのではないでしょうか。

確かにフグを自分で捌いてもなんともないという人は存在します。

さらに言えば猛毒部分である肝を食べたけれど、なんともなかったという人まで世の中には不思議な人がいます。

特にフグの肝が美味しいという噂は、この様な肝を食べてなんともなかった人が言った事であり、そのせいで多くの人が犠牲になるもしくは、フグの肝を食べる事に憧れるといった負の連鎖を引き起こしてしまいます。

しかしフグの肝を食べたけれどなんともなかった、フグを自分で捌いたけれどなんともなかったという人は基本的に次に食べる時にあたります。

なぜ一回目になんともないのに?と思いますよね。

実はフグの毒には個体差がある為、フグ毒の危険性は個体によって異なると言われています。

今回はフグの毒の強さが個体によって変わってしまう事についてご紹介します。

フグの毒は体内で作られない

フグの毒が個体によって強さが違っているのには、フグの毒がフグの体内で作られているわけではない事が理由です。

例えばコブラなどの毒を自分の中で作っている生物は、基本的に個体差がほとんどなく噛まれたけれどなんともなかったなんて聞きませんよね?

中には少し体が強くて重篤化しないという人も居ますが、本当に稀です。

ではフグはどのようにして毒を体内に保有しているのか?という事なのですが、その答えは食物連鎖に隠されています。

フグが体内に持っているテトロドトキシンは、自然界の微生物などが作り出す毒です。

しかしフグの体内にこの微生物がいるわけではなく、そのほかにテトロドトキシンを保有している底低生物を捕食する事によってフグは体内に毒を取り入れます。

底低生物にはカニや貝なども含まれており、このような毒を持っている生物が多い海域に住んでいるフグはかなり強い毒を持っているとされています。

フグはテトロドトキシンで死なない?

フグが自分でテトロドトキシンを作り出さないと言う話をすると、必ずフグもテトロドトキシンを過剰に取り込むと死ぬのでは?と聞かれます。

しかしフグがテトロドトキシンを取り込んで死ぬのであれば、フグは自分の命を削って命を守っている事になりますので、可なりの諸刃の剣感が出てしまいますよね。

基本的にフグに限らずテトロドトキシンを体内に保有している生物は、テトロドトキシンに対する強力な体制がある為、絶対に死ぬ事はありません。

因みにフグの肝を食べて平気だった人が過去に、自分にはテトロドトキシンに対する抵抗力があるなんて事を言っている現場に遭遇しましたが、人間にはそのような能力は備わっていませんので、運が良かっただけなのです。

毒を持つ個体と持たない個体が存在する?

捕食する事でフグが有毒化するという事は、有毒な生物がいない海域に生息しているフグは実は無毒になります。

その為日本近海のフグも、海域によって食べる事が許可されている物もあり、海域

によって禁止されている個体が居ます。

禁止されているフグもされていないフグも同じ種類であり、本当に食べるものが違うだけですので、自然は本当に不思議な場所だと思っていただけるのではないでしょうか。

フグの肝はどんな味?

冒頭でフグの肝について少し触れましたが、フグの肝って実はそんなに驚くほど美味しいものではないのです。

そんなに美味しい物なら食べてみたいと思われないように、フグの肝について少しだけどのような味なのか説明すると、カワハギの肝の味に似ていると言われています。

むしろ食べたという人の話によると、似ているのではなくその物だそうです。

確かに何となくカワハギとフグって見た目も似ていますので、肝の味も似ているのでしょう。

ですがフグの肝を食べてカワハギみたいだとしたら、命を懸けて食べる意味が本当にあるでしょうか。

それならカワハギの肝を普通に食べておいた方が利口でしょう。

カワハギなら安価で購入可能ですし、毒もありませんのでいくらでも好きなだけ食べる事ができますよね。

稀にアン肝みたいだったと言う人も居ますが、アン肝の様な味の肝ならなおの事命を懸ける必要はないですよね。

所詮魚の肝ですから似たり寄ったりスる物ですので、命をかけなくても同じような味にはたどりつける物です。

ですから間違ってもフグの肝を食べる事はしてはいけません。

またお店で肝を提供してもらうような事も絶対にやってはいけません。

なぜならそれで何かあった場合に責任を取るのはお店ですし、法人の場合に支払う罰金は1億円以下となっていますので、多額の罰金が科せられる可能性がある為、本当に迷惑な行為なのです。

このようにフグの毒には個体差があり、フグの肝は言うほど美味しくはないようです。

物を食べる時には味もそうですが安心できるかどうかという事が大切になります。

ですからあんしんして食べる事が出来ないのであれば素人調理のフグも、フグの肝も食べる事はしてはいけないと言えるでしょう。

folder ふぐについて

フグを釣り上げたら
フグを食べる際に気を付ける事とは?
フグを捌く為に必要なのは免許と技術?
more...

folder みちなかニュース

No Image

No Image

No Image

more...

folder 過去の記事

No Image

No Image

No Image

more...