ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

フグの内臓処理で一番大切な事は?

calendar

フグと言うと皆さんはどのようなイメージを持っていますか?

おそらくフグを食べるのが好きな人だと、美味しい魚だというイメージがあるでしょうし、初めてフグを食べて値段に驚いた人は高級な魚だというイメージがあるのではないでしょうか。

またフグにはテトロドトキシンと言う非常に危険な毒がありますので、毒のある危険な魚だというイメージを持っている人や、歯が鋭く危険だというイメージがあるという方も多いのではないでしょうか。

海外のイメージは完全に後者の様で、そんなフグをわざわざ除毒して食べる日本人はとにかくクレイジーな文化を持っていると言われています。

フグの毒が危険だと言われていますが、どれほど危険かと言うと、フグに含まれるテトロドトキシンの毒素は、よくサスペンスなどで耳にする毒殺の道具に用いられるとされる青酸カリの850倍~1000倍と言われています。

現在は医療や医療器具の発展によりフグの毒で中毒症状が出たとしても何とか助かる人が多く、危険ではないような気がしますが、昔は中毒症状が出ると100%死ぬと言われていましたので、処置をしなければ致死率は100%だと言えるでしょう。

そんなフグの毒は内臓にある為、捌く際にはとても注意が必要ですし、取り扱うにはフグ調理師免許が必要になります。

ではそんな危険なフグの内臓ですが、フグの内臓の処理において一番大事な事は何なのでしょうか。

しっかりとした水洗い

フグの内臓を傷つけてしまうと、フグの内臓にある血液があふれてしまいます。

フグの血液にも勿論テトロドトキシンが含まれていますので、血液が付着する事でフグの毒が基本的に無毒である部分に付着してしまいます。

この毒が付着した状態で提供すると勿論危険ですので、毒()をしっかりと洗い流すことが大切です。

洗い流しても毒が無くなるはずがないという人も少なくはないですが、基本的に魚を捌くうえで少々血液が出る物です。

勿論内臓を傷つけてしまい大量の血液にまみれてしまうと危険ですからそのようなフグは絶対に食べないようにするべきです。

しかし基本的には血抜きを行ってから捌きますので、血まみれになるという事はほとんどありません。

ですからフグを捌く際にはしっかりと流水で洗い流し、血液をし除去するのです。

基本的にはこれで内臓の血液から身移りした毒も洗い流せると言われています

しかしフグを素人が捌いて内臓はしっかりと除去したにも関わらず中毒になってしまうのは、この水洗いが不十分なためなのです。

更に水洗いをした後に、同じ包丁やまな板で調理を続行してしまうと、勿論毒が残ってしまいますので、まな板や包丁も都度交換が必要です。

水洗いの頻度がわからない素人はフグを捌かない

基本的にフグを捌く為には、フグ調理師免許と言われる各都道府県で定められている免許が必要です。

この免許を取得するにあたり、フグの処理の仕方などをしっかりと学び安全な提供ができるようになるのですが、この過程がなく免許を持っていない人は絶対に捌いてはいけないと言えるでしょう。

それは勿論毒の処理が中途半端になってしまう恐れがあり、そのフグを食べる事によって中毒症状が出てしまう可能性がある為です。

もしもどうして食べたいという場合には止めませんが、そのフグを他人に食べさせてしまい中毒症状が起こってしまった場合には人生が終わると思ってください。

というのもフグに関する罪は刑事罰による実刑もありますし、罰金も300万円法人では1億円以下となっています。

それほどの大金の罰金を科すほど危険な毒なのですが、一自分で捌いて食べた人は安全に食べる事ができる物だと勘違いをしているためとても危険です。

例えば自分が捌いたフグを知人と一緒に食べたとしましょう。

その後に知人も自分もテトロドトキシンの中毒症状が出たため病院に搬送され妻子の境をさまよいます。

この時自分だけ助かり知人は亡くなってしまったとしましょう。

勿論罰金が300万円と最悪殺人罪が適用され10年以上の実刑を食らったとします。

しかしここでは終わりません。

亡くなった知人に家族がいた場合には、貴方が捌いたフグを提要したため亡くなったのですから勿論遺族への償いの日々が待っているのです。

おそらくフグを自分で捌くというときにここまで考える事ができる人は少ないでしょうが、これが現実であり、おそらく自身も中毒死をしていれば良かったとさえ思うのではないでしょうか。

この様な事にならないためにもしっかりと毒を処理されたフグを食べるようにしましょう。

因みにですが、フグ調理師免許を持った人が処理した身欠きの状態のフグを自分で刺身にしたものを提供する場合には何も問題ありませんので、どうしても知人と自宅でたべたいのであればそのような状態の物を購入し食べるように

しましょう。

身欠きフグは通販で取り寄せも可能ですので、スマホでポチっとして後日自宅で受け取ることも可能です。

危険を冒さなくても食べる事ができますので、是非試してみてはいかがでしょうか。

folder ふぐについて

フグを釣り上げたら
フグを食べる際に気を付ける事とは?
フグを捌く為に必要なのは免許と技術?
more...

folder みちなかニュース

No Image

No Image

No Image

more...

folder 過去の記事

No Image

No Image

No Image

more...