ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

河豚の由来

calendar

「河豚の由来」

テトロドトキシンを体内に多く含んでいるフグですが、河豚と漢字で書きますよね。

フグを捌くには免許が必要なのにも関わらずいまだに多くの方がフグ毒の犠牲になっています。

そんなフグですが、どうして河豚なのかと思ったことはありませんか?

何を言っているんだ?と思われている方も多いかと思いますので、わかりやすく言うと、淡水魚ではない河豚の感じになぜ河と書いているのでしょうか。

今回はそんなフグの名前の由来についてご紹介していきます。

河豚の由来はフグの種類にあった

ふぐは全世界に数百種類生息しています。

主に知られているフグは海の中に生息していますよね。

日本の周辺の海にもおよそ数百種類のフグが生息しているのですが、日本の川にはフグが生息しているというのは聞いたことありませんよね。

しかし稀に川を遡るフグも存在しているのです。

そもそもフグの感じの由来の前にフグという呼び名も由来が気になりませんか?

フグの由来は口の形が「吹き付ける」のに適した形をしている事から「フキツケ→フク→フグ」となったという説から、「腹を膨らませる」為「腹→フク→フグ」となったという説があります。

その他にも、膨らんだフグが「フクベ」の様だったため「フクベ→フク→フグ」という説もあります。

また韓国語で「ポク」と言われている為「ポク→フク→フグ」となったというような若干力任せな感じの説まであります。

平安時代にはフクやフタベとも呼ばれていたそうです。

由来はどうあれフグではなく当初はフクと呼ばれていたようです、おそらくその名前がなまってフグになったのでしょう。

フグとよばれる由来はこんな感じなのですが、河豚の由来には全く関係ないと言われるかもしれませんが、関係あります。

河豚と書いてフグと呼ぶのは、フグという言葉ありきだったためです。

どういう事かと言うと、平安時代には「布久」という感じを使われた様なので河豚とは書かなかったのです。

平安時代というと海外との国交がほとんどありませんでしたので、日本特有の漢字をしよしていました。

しかし、明治に入り海外の情報が入るようになってくると様々な情報が飛び交いました。

河豚もおそらくこの頃になって入ってきた名前では無いかと推測されるのですが、それは江戸時代まではフグ食を禁止していたためにフグを漢字で表記する必要がなかった事と、明治になってフグ食が解禁された際に、のれんなどに漢字でどのように表記しようとなった際に、同種の魚を指す「河豚」という漢字が採用されたというのがしっくりくるからです。

おそらく豊臣秀吉が禁止にしてからフグを指す漢字が廃れていき、解禁になった際に考案する必要性が出てきたという事ですよね。

その際に参考にされたのが、中国の河フグです。

明治頃の人々は大陸に必要以上の憧れがあったために参考にしたのでしょう。

というのも河という字には海外の大きな川を指すような意味があるのです。

その為中国の黄河に生息していたフグが河豚という呼び名で親しまれていたために河豚と書いてフグと読まれる様になったのです。

豚と書く理由としては、フグを釣り上げた事がある方ならばわかるかと思いますが、フグを釣り上げると、歯を鳴らすため豚の様な鳴き声を出しているような音を出すのです。

その為「豚」と書くようになったようです。

テトロドトキシンにもしっかりと由来があった

余談ですが、フグに含まれるテトロドトキシンなのですがかなり猛毒です。

どれほどの猛毒化と言うと、戦時中お沖縄にて負傷兵が自決をする際に使用していたと言われている青酸カリの850倍ほどの毒性があると言われています。

そんなテトロドトキシンの呼び名はフグを由来としていたのです。

テトロドトキシンはフグにだけ含まれる毒ではありませんがおそらくテトロドトキシンを有する生物の代表としてフグだったのでしょう。

その由来というのは、フグの大きな前歯です。

フグの大きな前歯は4枚あります。

この4という数字を意味する言葉をギリシャ語でテトロと言います。

そのギリシャ語のテトロという言葉から、学名がテトロドロンになり、フグの毒を指す言葉がテトロドトキシンになったと言われています。

今回お話したものには、所説ありますし一部私の憶測も入れていますので、本来の由来と違うんじゃない?と思われる方も居らっしゃるかもしれませんが、誰も本当の由来がこれだ!と言えるわけではないのでご容赦いただければと思います。

しかし、河豚の漢字については諸説ありますが、フグ毒の危険性には諸説などなく間違いなく危険なのです。

稀に、猛毒部分である肝臓などを食して、自分はテトロドトキシンに耐性があるなどと言われている方を見かけます。

しかし、耐性なんて人間にはありませんのでたまたま運がよかっただけなのです。

ですから、そんな危険な場所を食したり、自分で捌くなどの危険な行為を止めていただければと思います。

安全に安心して食してこそ美味しい魚なのですから。

この記事をシェアする

関連記事

No Image

No Image

No Image

No Image

No Image

No Image

folder ふぐについて

No Image

No Image

No Image

more...

folder 過去の記事

No Image

No Image

No Image

more...