ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

日本のフグの産地

calendar

日本のフグの産地

皆さんはフグの産地と聞いてまず何処を思い浮かべますか?近くにフグの水揚げ場があったとしても、まず思い浮かべるのは山口県下関市ではないでしょうか。

しかし、天然のフグのランキングとしては石川県、北海道、福岡県、に次いで山口県は4番目なのです。

しかし、フグと言えば山口県下関の「下関フグ」があまりにも有名ですね、なぜ4位の山口県下関がフグの産地として有名になったのでしょうか。

下関とフグの関係性

皆さんもご存知の通りフグの本場と言えば山口県下関、この下関で水揚げされたフグは下関フグと呼ばれています、しかし下関市はフグの産地というよりもフグの集積地だったのです。

どういう事かというと、明治以前にはフグ食を政府が禁止していました、しかし明治になりフグの解禁を政府が最初に行ったのが下関市でした。

その為下関には多くのフグ料理店が並び、多くの加工業者や加工場が立ち並びました、更に山口県のみフグ食の解禁がしばらくの間続いた為に現在のフグ料理が下関で考えられたことがフグと言えば山口県、もしくは下関となっているようです。

現在では日本各地で漁港の側に加工場が整備されており、地場の名産品にするために独自でブランドを立ち上げる活動や努力が行われています。

しかしながら現在でも、水揚げされたフグの多くが下関に集中しているのには、加工の質や、加工業者や加工場の数の問題が大きいと言われています。

更にはブランド力が大きい為、他所で漁獲したフグを下関まで運び水揚げをする船も居るのです。

そんな下関フグに対抗するフグの産地ベスト3をご紹介します。

3位福岡県

山口県の対岸の福岡県でも勿論フグは水揚げされています。

この福岡県は宗像市で水揚げされる玄界灘等で漁獲されたフグを「玄海とらふぐ」と呼びブランド化しています。

「玄海トラフグ」は玄界灘の荒波にもまれて育った生きのいいトラフグで、下関の風泊市場でも最高級の評価を受けるとらふぐです。

玄界灘で育ったフグは荒波にもまれているため身が引き締まっておりその歯ごたえや甘みが際立つそうですよ。

2位北海道

フグの水揚げ量2位は北海道です、九州から北海道までとれるフグですが意外と知られていな事実があり、フグは長距離を泳ぐ魚で、日本全国で漁獲されています。

中には、能登で放流されたフグが愛知県で漁獲されたなんて話もあるくらいです。

そんなフグですが、北海道で水揚げされるフグは「マフグ」と言われる種類で金額としてはトラフグの半額ほどの金額で食べる事ができます。

また、トラフグと違い養殖フグが無いので100%天然ものという事で、トラフグより安価で天然のフグが食べられると言うのが魅力ではないでしょうか。

またこのフグは4月から7月に漁獲され、67月が最盛期です、夏場は牽制されるトラフグとは全然違いますね。

67月って梅雨なのにそんなに漁に行けるのかと思われる方もいらっしゃいますよね、北海道には梅雨が無いため67月であっても安定して漁ができる様ですよ。

そんな「マフグ」は、トラフグよりも身は柔く弾力に劣りますが金額の差ほどの味の違いはありませんので、機会があったらトラフグより安価なので、食べてみてはいかがでしょうか。

1位石川県

栄えあるフグの漁獲量日本1は石川県です。

石川県のある能登地域には産卵時期には「とらふぐ」をはじめ「マフグ」、「ごまふぐ」、「しょうさいふぐ」、「しろさばふぐ」などバラエティー豊かな様々なフグが水揚げされています。

種類が多様な事が漁獲量日本一の理由でしょうが、全国の市町村別の漁獲量を見ても上位10位以内に石川県内の市町村が3町村ランクインしている事も石川県をトップに押し上げている理由でしょう。

こうしたバラエティー豊かなフグの中で一番漁獲されているのは「ごまふぐ」のようですが、多様なフグが漁獲されている背景には能登の自然の豊かさがあるのでしょう。

また、能登のフグの漁期は産卵期の初夏から始まります。その為卵巣を多く採る事が出来るため、猛毒とされる卵巣を、石川県では「フグの卵巣糖漬け」にされ食べられています。

「フグの卵巣糖漬け」とは猛毒でそのままでは食べる事の出来ないフグの卵巣を塩や糖に23年漬け込み毒素を消失させて食べると言う方法の食べ物でパスタなどに入れても美味しいですよ。

また、石川県の中でも卵巣を加工しているのは美川地域だけの様です。

この猛毒の卵巣が食べられるレベルで除毒されているのは塩漬けにした時に塩析効果で脂質が分解される際に水分とともに析出するのでこの時に毒素が希釈されるのだと考えられているようです。

そんな加工法や食べ方はやはりフグの最大の産地である石川県や能登地域の人たちの知恵の賜物ですね。

それぞれに違うフグの主要種類

いかがでしたでしょうか、今回はフグの産地についてご紹介しました、一言でフグの産地と言ってもフグの種類は様々です、しかしどのフグも美味しく旬の味として親しまれています。

機会があれば、それぞれのフグの産地でもフグを食べてみたいものですね、余談ですがフグ料理の老舗は山口県の下関市にあるようですよ。

この記事をシェアする

関連記事

No Image

No Image

No Image

No Image

No Image

No Image

folder ふぐについて

No Image

No Image

No Image

more...

folder 過去の記事

No Image

No Image

No Image

more...