ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

フグが結んだ下関条約

calendar

reload

日本で古くから食べられてきたフグ、そんなフグをあまりよく思っていないという方も少なくはないでしょう。

日本の歴史を見ていくとフグに関するエピソードは多く、その多くが日本の歴史的瞬間に起こっている事が多いようです。

例えば豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に起きたフグのエピソードはというと、フグの集団食中毒によるフグ禁止令です。

実はこの禁止令は秀吉の死後も歴史の主役が徳川家に変わり、明治維新により武士の支配が終わった後もしばらく続いていたのです。

しかしフグの文化は町民の間では食文化まで昇華していたため、そのフグ食の文化までもを禁止にすることはできなかったようです。

そのためフグ禁止令が適用されたのは、武士に対してのみだったようです。

このようにフグと日本の文化は切っても切れない深い縁があるようで、そんな歴史の中で多くの偉人達も食べたであろうフグの味を今でも食べる事ができるのは、間座に日本人の勤勉さと誠実さ故ではないでしょうか。

今回はそんなフグにまつわるエピソードの中から、フグが解禁になったきっかけとなった出来事をご紹介します。

下関講和会議の場に出たフグ

所説ありますが、明治27年前後の日本ではまだまだフグは禁止されている魚でした。

これは冒頭でお話した豊臣秀吉の朝鮮出兵時から続いていたのですが、基本的に禁止されていたのは武士のみでしたので、当時も下野関の人々は普通にフグを食べて酒盛りをしていたようです。

明治27年といえば日本はちょうど日清戦争が終結した年であり、海外の国とこれから渡り合っていこうという時の真っただ中にありました。

そんな折明治27年に下関にて歴史的な会議が開催される事になるのですが、これが俗に言う下関講和会議と言われている物です。

この会議の折使われたのが下関の老舗フグ料亭「春帆楼」なのですが、そもそもなぜ下関で会議をする事になったのかという事ですが、基本的には日本の軍事力を誇示するためには山口県はうってつけだったという事なのです。

この下野講和会議が行われた日の海は大時化で船が出せず、魚が取れていない状態でした。

そこで苦肉の策としてフグを提供する事になったようですが、伊藤博文と言えば明治維新の時代には長州藩の志士として活躍をしていた人物ですので、勿論フグが禁止中の魚であると知れると、罪人として処刑をされかねないのです。

そのため恐る恐るフグを出したところ「これはうまい!なんの魚だ?」と伊藤に聞かれます。

女将は恐る恐るフグだという事を伊藤に話すと、「禁令の魚ではないか、毒で死ぬ事もあるのだぞ!」と言われてしまいます。

そこで女将は「しっかりと調理をすれば安心して食べていただけます」と説明をしたのです。

その件で本当にフグが美味しかったのでしょう、伊藤は山口県の県知事に働きかけ山口県の下関地方においてはフグの禁令を解くように命じたのでした。

しかしフグを食べて居た時にフグだという事は見抜いていたともいわれています。

長州藩には、桂小五郎や高杉晋作などの奇抜な逸材が居ましたので、この志士たちと過去にフグを食べた事があったようです。

もしもフグではないといっていたら現在もフグの解禁はされていなかったかもしれませんね。

伊藤博文が春帆楼の名付け親?

一説によると、フグの禁令は下関講和会議の前には溶けていたのではないかと言われています。

それが春帆楼と伊藤博文が名付けたとされているからなのですが、明治20年に伊藤博文が春帆楼の元になる旅館へ宿泊をします。

その際に部屋から見える景色には沢山の帆船が見えていたそうですう。

そこで伊藤博文が止まったお店に春帆楼と名付けたとも言われているのです。

それが本当かどうかは当時を見てはいませんので、いろいろな説に思いを巡らせるのも楽しいのではないでしょうか。

しかしフグの解禁をしたのは伊藤博文で間違いありませんので、底だけは忘れないでくださいね。

フグは安全委食べよう

明治の世になってようやく溶けたフグ食の禁令ですが、この時に春帆楼の女将さんが言った一言「しっかりと調理をすると安全に食べる事ができる」なのですが、現在はフグ調理師免許という物があるため、昔のように誰彼構わず調理をして食べるそんな時代ではなくなっています。

ですので皆さんはフグが食べたい時にはしっかりとフグ調理師が調理をしたフグを食べるようにすることをオススメします。

フグ調理師は、行ってみればフグの調理のプロですので、除毒などもしっかりと行ってありますので、安心してフグの美味しさだけを楽しんでいただく事ができるのです。

しかし買いに行くのも食べに行くのも大変ですよね。

そこでオススメなのがお取り寄せです。

お取り寄せは、スマホやパソコンを使って注文ができますので、何かと忙しい現代人にはぴったりの購入方法ではないでしょうか。

すでに刺身の状態になったものから、皮を剥いだ状態の物とバリエーションも豊富なので、必要に応じて注文ができますので、ぜひ試してみてくださいね。

folder ふぐについて

フグを釣り上げたら
フグを食べる際に気を付ける事とは?
フグを捌く為に必要なのは免許と技術?
more...

folder みちなかニュース

No Image

No Image

No Image

more...

folder 過去の記事

No Image

No Image

No Image

more...