ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

ヨリトフグは無毒?

calendar

reload

日本食を代表する高級食材と言えばフグですよね。

特にトラフグはフグの王様とも呼ばれており、フグの中ではより高級な種類と言われています。

おそらく皆さんが料亭などに行き食べるフグはこのトラフグなのですが、フグと言うと皆さんはどのようなイメージがあるでしょうか。

おそらくほとんどの人が、猛毒のテトロドトキシンを多く含んでいる危険な魚だとイメージするのではないでしょうか。

確かにフグには多くのテトロドトキシンが含まれているため、とても危険な魚なのですがフグの中には無毒のフグも居るようなのです。

それがヨリトフグと言われている種類なのですが、本当にこのヨリトフグは無毒なのでしょうか?

ヨリトフグには毒がある?

ヨリトフグには毒が無いという方が多くいらっしゃるのですが、本当にヨリトフグは無毒のフグなのでしょうか?

ヨリトフグの肝臓を販売したとして愛知県のスーパーがニュースになっていたことがあるのですが、無毒であるのであればヨリトフグの肝臓をスーパーで販売しても慌てる必要はないのでは?と疑問に思ってしまいますよね。

ですがこの慌てようは実は間違ってはないと言えるのです。

どのような事かと言うと、フグは冒頭でお話ししたようにテトロドトキシンという猛毒を体内に保有しています。

その為フグの種類に寄らず厚生労働省のHP上では、ヨリトフグも他のフグ同様に危険な部位は記載されています。

ヨリトフグの部位で食べてはいけないとされている部位は、肝臓や卵巣、腸などの内臓は食べてはいけないとされています。

その他の白子や皮、筋肉といったトラフグなどでも食べる事ができる部位はトラフグ同様に食べる事ができるようです。

この様にヨリトフグも基本的には毒があるとされている為、スーパーで販売されているという事が分かったらやっぱり慌ててしまいますよね。

何といっても命に係わる事ですから。

しかし実はこのヨリトフグは専門家の間ではヨリトフグは毒の無いフグだとされています。

しかし専門家が無毒だとしているフグがなぜ厚生労働省のHP上では危険だとされているのでしょうか。

それにはフグの個体差が関係しています。

フグの毒は食べているエサで変わってしまうので、毒を含んでいる餌を食べているとヨリトフグであっても体内に毒を保有している可能性があるのです。

その為無毒だと専門家が言っているヨリトフグでも肝臓を始めとした内臓系は食べてはいけないとされています。

ヨリトフグってどんなフグ?

無毒だけど肝などの内臓部分には個体によって毒がある可能性が或る為、厚生労働省のHP内で危険だとされているヨリトフグとはどのようなフグでしょうか。

ヨリトフグとはフグ目フグ科に属します。

大きさは大きくても40㎝くらいまでのおおきさで、本州中部よりも南に分布しているフグなのです。

つるつるした感じのフグで棘は無く多くの地域ではヨリトフグではなく様々な呼び名で呼ばれています。

スーパーで肝が売られていた愛知県では、チョウチンフグとも呼ばれており、愛知県では昔からヨリトフグの肝臓を食べるという習慣があったようです。

フグの肝は絶対に食べてはダメ

愛知県では食べていたヨリトフグの肝ですが、この肝はフグの部位でも特に猛毒・強毒とされている為絶対に食べてはいけないのです。

フグの毒に対してあまり認識がされていなかったころには、フグの肝臓は美味とされておりフグの肝を食べて多くの方がフグ毒であるテトロドトキシンの中毒になってしまった事があるようです。

フグの中毒症状はどのような症状が出る?

フグ毒による中毒症状ではどのような症状が出るの?と思っている方も少なくはないですよね。

フグ毒による中毒症状は食後20分から3時間程度でしびれや麻痺といった症状が現れます。

その後口から四肢、そして全身へと広がっていきます。

これを放っておくと呼吸困難により最悪の場合窒息死をしてしまうので。

フグの中毒に対する治療は実は今のところなく、胃の洗浄や人工呼吸による応急処置と遅速を防ぎテトロドトキシンが体外へ出ていくのを待つしかないのです。

フグの肝を食べないよりもフグは素人は調理しない

無毒とされているヨリトフグでも、しっかりと危険性が或るフグだと厚生労働省のHPに記載されているのは上述した通りです。

ですからどんなに無毒だと言われているヨリトフグでもしっかりとした調理が必要になると言えるのです。

ですから無毒だとされているからといって自分で調理をするような事が無いようにしましょう。

でなければフグの毒によるテトロドトキシンの中毒症状により命を失ってしまう事になってしまうのです。

自宅でフグを食べるなら取り寄せが便利

フグの危険性についてはご理解いただけたでしょうか?今回ご紹介したように無毒とされるヨリトフグも危険なのですから、フグはやはり危険な魚だと言えます。

しかしフグを自宅でゆっくり食べる事ができればと思っている方は少なく無いですよね。

そんな時にはお取り寄せでフグ調理師の方が捌いたフグを取り寄せてみてはいかがでしょうか。

安心して自宅でフグを食べる事ができますよ。

folder ふぐについて

フグを釣り上げたら
フグを食べる際に気を付ける事とは?
フグを捌く為に必要なのは免許と技術?
more...

folder みちなかニュース

No Image

No Image

No Image

more...

folder 過去の記事

No Image

No Image

No Image

more...