ふくふくブログ

ふぐの本場下関から直送【みちなか】の公式ブログ

ふぐの相場はどれくらい?

calendar

reload

ふぐの相場はどれくらい?

ふぐと聞くと、結構な高級品に感じるという方も少なくはありませんよね。

確かに天然のとらふぐならば、かなりの高級品になってしまいますのでなかなか市場などでも手が出ないという方は多いことでしょう。

とらふぐと言えばふぐ界のトップスターであるため金額が高騰してしまうのですが、その他のカナトふぐやなどは比較的安価で手に入れる事が可能になっています。

そんな高級品のとらふぐですが、料亭などで食べる際にも、結構な金額になっていることも多く、もう少し安い金額で食べたいなと思っている人は少なくはないでしょう。

しかし天然のとらふぐは貴重品であり、養殖技術の向上により最近は養殖ふぐが多くなってきた背景もあり養殖との差別化からも金額の違いというのは大きいようです。

しかし中には天然のとらふぐを食べたいなと思っている方も少なくはないですよね。

そこで今回は天然のとらふぐがどれくらいで取引をされているのかをご紹介します。

とらふぐの相場はそんな高いものではない?

購入すると高いとらふぐですが、実はそんなに高額なものではないのです。

いやいや実際に高いじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、きっと皆さんが目にしているとらふぐの相場は、流通の中で金額が上がってしまったものだといえるでしょう。

そもそもとらふぐの活き物の相場がキロ2,500円~3,000程度となっています。

この金額って、意外と大きなアオリイカや真鯛なんかの金額と近い金額ではないでしょうか。

しかしここから競りに掛けられるとまた値段が上がるわけです。

競りでの相対相場はキロ4,000円~5,500円になるのです。

しかしふぐの金額の高騰は止まらず、この後に身かきふぐとなるとまた金額が上がり、キロ6,000円からという感じになるのです。

しかしこの6,000円という金額は冬の一番おいしい時期になると金額がまた大幅に上がってしまいます。

ここまでが流通するにあたっての金額ですので、さらにここに料亭などで提供される場合にはまたプラスで金額が増えますので、とらふぐはだんだんと高く名手しまうのです。

よく物の値段は、間に入っている業者の数で決まるといわれていますが、漁師さん・市場関係者・加工業者・販売店となるだけでもかなりの金額になるのです。

ですから安く購入しようと思えば、市場で購入するか市場で買い付けをして自社で加工を行っている通販会社などから購入する方が安く済むのです。

ふぐは高いけれどそんなに美味しい魚ではない?

高級なとらふぐをスーパーで購入して食べたけれどそんなに美味しいとは思はなかった。

という人も多いですよね。

しかしこれはスーパーで購入するから美味しくないふぐを食べてしまう事になってしまっているだけなのです。

スーパーの場合しっかりと鮮度を管理しているかの様に見えますが意外と管理は雑な場合が多く、ふぐの細胞自体が壊れてしまっている事が多いのです。

というのも入荷してすぐに販売するというスーパーは少なく、大抵の場合が冷凍室にしばらく入れられているという状況になっているのです。

そうすると、冷凍焼けを起こしてしまう事もありますし、冷凍室などから出されて陳列をされた場合に、通常はゆっくりと時間をかけて解凍をするのですが、急速に解凍するために水分がにじみ出る際に、ふぐの細胞を破壊しながら解凍されることになるのです。

そのため、スーパーでふぐを購入して食べても美味しくないという状況になってしまうのです。

また、その日に売れ残るとチルド状態などにして放置されることも、再冷凍されることもあり、細胞の破壊はますます加速していくのです、

これではふぐのプリっとした触感は楽しめませんし、ふぐ本来の風味や味わいもなくなってしまうため、いくらとらふぐであっても美味しくないという状況になってしまうのです。

捌きたてが一番美味しいの?

ふぐは基本的にてっさにする時には基本的には活け物を使用します。

これはふぐは捌きたてが一番美味しいといわれているためだといわれていますが、そうではなく、食べている間に美味しい時間がやってくるためなのです。

例えば、一番美味しいタイミングで提供をすると食べるまでに時間がかかると美味しいタイミングは逃してしまう事になってしまいます。

しかし捌きたての場合には、一番美味しいタイミングが後からやってきますので、最後まで美味しく食べる事ができるのです。

金額は少し高くなりますが、しっかりと美味しい状態のふぐを食べる事がふぐの本当の美味しさを知ることになるのです。

ですがあくまでそれは料亭などでの話であって、捌きたて美味しいらしいからと言って、自分で釣ったふぐを捌いて食べると、それは命の危険がありますので、絶対にしないようにしましょう。

ふぐの毒であるテトロドトキシンは、熱処理をしても分解はされずどのように調理をしても危険です。

中にはふぐを捌いて食べたことで命を落とした人もいるほどです。

ですから、美味しいふぐを食べたいけれど高いからと言って危険な素人調理だけは絶対にしないようにしましょうね。

ほしい時には身かきふぐを市場や通販で購入すると意外に安く手に入るようですよ。

この記事をシェアする

関連記事

素人料理で食べるふぐが一番美味しいは本当?
ふぐの皮
〆たふぐの口にも注意が必要?
とらふぐ以外のふぐって高いの?
ふぐの内臓処理で一番大切な事は?
ふぐが膨らむ理由は横隔膜にあり?

folder ふぐについて

ふぐを釣り上げたら
ふぐを食べる際に気を付ける事とは?
ふぐを捌く為に必要なのは免許と技術?
more...

folder みちなかニュース

ふぐの有毒部位は口に含むとわかる?
危険だから美味しいではなく安全だから美味しい?
瞼はあっても瞬きはしないふぐ
more...

folder 過去の記事

天然トラフグ刺身 四人前
天然トラフグ四人前

No Image

more...