下関のふぐ通販道中
下関のふぐ通販道中
下関のふぐ通販道中 下関のふぐ通販道中

ふぐの毒はどれくらい危険?

calendar

ふぐと言うと、美味しい魚で少し高級な魚だというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?

確かに旬のふぐは刺身でも鍋でも美味しいですし、白子は何とも言えないほど美味しいですよね。

そんなフグですが年間にふぐの毒による被害が少なからず発生しているという事は御存じでしょうか?

ふぐにはテトロドトキシンと言う青酸カリの850倍から1000倍の毒素に相当する猛毒の物質が含まれています。

そんなふぐをわざわざ除毒して食べる日本人をクレイジーだと思う外国人も多く、世界を見渡せばフグは危険だからと法律的に食べる事を禁止している国も存在しています。

しかし日本ではふぐを安全に食べる事ができるために、ふぐが危険だという認識が少し薄いように思います。

ふぐが危険だというと多くのふぐ愛好家は孫案事はないと言いそうですが、実際に危険だからこそふぐを捌く為に資格が必要であり、ふぐを食べて無くなってしまう人も存在しているのです。

今回はそんなふぐの毒の危険性が理解してもらえるように、ふぐの毒についてご紹介します。

ふぐの毒で人が死ぬ?

ふぐには毒があるという事は極々当たり前の事であり、常識的な話になってしまうようですが、実はふぐに毒があるという事を知らないという人も少なからず存在します。

またふぐの毒で命を落とす危険性があるという事さえ知らないという人も少なくはないようです。

ふぐの毒による死者は最近では医療の発達によって激減しましが、少し前までは本当に多くの人が命を落としていました。

特に多かったのがふぐ禁止令を敷かれる前の時代であり、ふぐによる死者が今から線上に行くというタイミングで増加したため、豊臣秀吉がふぐを禁止したと言われています。

ふぐの毒は体内に入ると、神経伝達の邪魔をしてしまうため体全体が痺れてしまう、所謂麻痺した状態になってしまいます。

そのため結果として意識が無くなってしまったり、呼吸が停止したりと本当に重篤化してしまうのです。

意識がなくなるくらいなら時間が経てば気が付くかもしれませんが、呼吸停止になってしまうと、確実に窒息死と言う状態になってしまうのです。

そのためふぐの毒により亡くなってしまう人は窒息死が多く、中には意識が無くなった時に降所から転落したことで亡くなるという事もあるようです。

ふぐの毒にあたったという時にはとにかくすぐに助けを求めなければすぐに声も出せなくなってしまうため、人知れず命を落としてしまう事になるかもしれません。

ふぐの毒は解毒不可

ふぐの毒にあたった場合に病院へ行けば確実に助かると思っていませんか?

しかしそれは大間違いだという事をここからはお話しましょう。

多くの毒と言われるものには基本的に解毒剤が用意されています。

そのため少々強い毒であっても向上で使用したり、医療の現場で使用する事が可能です。

しかしふぐの毒であるテトロドトキシンは長い間研究は行われている物の毒の性質がいまだに解明されておらず、解毒の方法すら見つけられていません。

そのため東北で食べられているふぐの卵巣の糠漬けもなぜ無毒になるのか?という事も理解ができない様です。

このような状況からふぐの毒は病院では解毒する事は絶対にできません。

では病院ではどんな治療が行われているの?という疑問が浮かびますよね。

病院で受ける事ができる治療は?

ふぐの毒にあたって病院へ運ばれた場合に受ける事ができる治療はというと、本当に時間を稼ぐための応急処置になります。

例えば胃の洗浄が有名ですが、テトロドトキシンは既に運ばれた時点では血液内に吸収されていますので、それだけでは助かりません。

そこで活用されるのが人工呼吸器です。

人工呼吸器で無理やり酸素を体内に送り込むという事なのですが、この方法を利用したとしてもふぐの毒を大量に摂取してしまっている場合には最悪の場合命を落とす事になってしまいます。

ふぐの毒が一番含まれる部分は?

ふぐの体で、テトロrドトキシンが一番含まれていると言われている部分は、肝です。

肝とは肝臓の事で肝臓には多くの栄養などが蓄えられる部分でもあります。

その為ふぐの毒も肝臓である肝に蓄えられているのでしょう。

良くふぐの肝は美味しいという変な美食家気取りが居ますが、ふぐの毒はカワハギの肝に似ている味らしく、そんな肝ですから命を張ってまで食べる意味はないのではないでしょうか。

稀にふぐの肝を食べたけどなんともなかったという話をする人が居ますが、それはたまたまフグが保有していた毒の量が少なかっただけで、調子に乗って食べて居ると必ず取り返しの付かない事になってしまうでしょう。

特に肝は多くの人たちが誘惑に負けて食べ命を落としている部位ですので、現在普通のふぐ料理店では提供を絶対にしていません。

たまに裏メニューといって提供するお店もありますが、その様なお店にはいくら美味しくても今後行かない方が良いでしょう。

ふぐはとても美味しい魚です。

しかし安心や安全と言う条件が付いてこその食材ですので、危険な食べ方はしないようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事

ふぐは日本で古くから食べられてきた魚です。
一夜干しの調理方法
大分県ではふぐの肝を食べる事ができる?
ふぐの白子の効能
ふぐを食べるときには毒に注意
ふぐちりは焼き過ぎ注意

folder ふぐについて

ふぐ嫌いなあの俳人
フグの毒で痛み止め?
日本人はなぜふぐが好き?
more...

folder みちなかニュース

ふぐに魅了された日本人
ふぐの有毒部位は口に含むとわかる?
危険だから美味しいではなく安全だから美味しい?
more...

folder 過去の記事

天然トラフグ刺身 四人前
天然トラフグ四人前

No Image

more...
ӂVR4lOtR[X
Ƃӂg